千代田合成(株)
会社案内
製品紹介
設備紹介
環境方針
採用情報
ホームへ戻る
CHIYOTA PLASTICS CO.,LTD.

 愛知県碧海郡富士松村地内に千代田合成工業所を創立し,住友ベークライト(株)の下請工場を経て1949年4月、現在地に移転する。
 1949年当時は、東海理化、住友ベークライト(株)、(株)明電舎の成形品の製造に従事。
1955年 10月 伸び行くプラスチック展において中部プラスチック協会賞を受賞する。
1958年 8月 電気製品の製造免許を受ける。(通産大臣)
経営の合理化、技術向上による名古屋市長賞を受賞。
1962年 7月 多色同時成形実験に成功、特許申請する。
1963年 4月 テープレコーダー外装ケースのポリプロピレン化に成功、業界の注目を受け国際見本市に出品する。
1963年 6月 2色以上同時成形用金型法案特許番号第408-220号を受け、2種及び3種の同時成形を実施する。
1963年 12月 アセタール樹脂、ブッシングの精密成形に関する研究を愛知県庁より依託され成果発表する。
1964年 2月 テープレコーダー用自動巻き取りリールを研究。特許出願し、No.39-20589取得。
1965年 11月 愛知県庁よりプラスチック製品にダイキャスト製品に匹敵する樹脂成形品の強度に関する研究を依託され発表する。
1968年 3月 愛知県庁より射出成形機の全自動化に関する依託研究を実施し、発表する。
1969年 11月 第三回全国優秀成形品コンクールにおいて当社出品のテープレコーダーハウジングが特許庁長官奨励賞を受ける。
1970年 11月 ポリアセタール樹脂(ジュラコン)の用途開発及び普及に関し多大な貢献があったとしてポリプラスチック(株)より感謝状を受ける。
1976年 7月 名古屋市南区鳴浜町に五十鈴工場を増設する。
1985年 1月 2色成形専用機(50t)の導入により2色成形品の本格生産を始める。
1991年 10月 知多郡武豊町富貴に武豊工場を建設する。
1992年 6月 硬化性成形から撤退。
1992年 9月 五十鈴工場売却。
1992年 11月 本社業務課及び出荷係を武豊工場に統合。
1993年 12月 工機部門増設。
1997年 8月 武豊工場増築(825u)し本社工場を移転。
1998年 10月 工機部門充実のため、放電加工機導入。
2000年 7月 電動射出成形機導入。
2002年 2月 工機部門充実のため、NCフライス導入。
2002年 5月 工機部門充実のため、ワイヤーカット機導入。
2003年 1月 ISO9001:2000 取得
2004年 12月 ISO14001:1996 取得
2005年 6月 武豊工場 第3期増築
2009年 4月 武豊工場 第4期増築
2009年 9月 ホットスタンプ機・タンポ印刷機導入。
2012年 11月 タイ国ラヨーン県にCHIYOTA GOSEI(THAILAND)を設立。
2013年 11月 CHIYOTA GOSEI(THAILAND)竣工・操業開始